+

Phantom Magic VISION in 奈良と天王寺

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ VISIONイベント案内 □

ランブルファイト Ⅱ(rumble fight)について

ランブルファイトⅡ(rumble fight)
ランブルファイトとは
・「主催(私)が用意したデッキ」を使って行われます。
 全デッキそれなりにランダムであり、初期デッキ状態においてはハイランダー状態です。

ルール 
全デッキそれなりにランダム構築されたデッキ
初期デッキ状態においてはハイランダー状態。
当日くじ引きにより使用できるデッキを決定、優勝者および順位が終了まで変更できない。

各対戦が終了するごとに
勝者は敗者のデッキから好きなカードを2枚抜き取り、自分のデッキに加える。
敗者は勝者から、勝者が不要と感じるカードを2枚受け取る
対戦後のカード交換時、キャラクターカードは一枚までしか交換することができません。
デッキに同名カードが3枚を超えることは今回「不可」とします。
ですので勝者は敗者のデッキにすでに3枚あるカードを敗者に渡すことはできません。

各エキスパンションのカード比率 現在
第1弾 最大10枚
第2弾 最大6枚
第3弾 最大4枚
第4弾 最大5枚
第5弾 最大5枚
Special Collection Vol.1 最大3枚
Special Collection Vol.2 最大3枚
・第6弾 最大4枚
第7弾 最大6枚
10枚といってもあくまで最大枚数です、そんなに混ざっているわけではないです。

・デッキ初期状態時
・【弐符】を持つキャラクター(A)がデッキに搭載されている場合、
そのデッキには必ず【壱符】を持つをキャラクター(A)が
【弐符】を持つキャラクター(A)と等しい枚数搭載されています。
・「西行妖」がデッキに搭載されている場合、
そのデッキには必ず、「西行妖、開花…」が
「西行妖」と等しい枚数デッキに搭載されており、
かつ「西行寺 幽々子」が最低1枚はデッキに搭載されています。

・初期デッキ共通の構成
・キャラクターカード  平均22枚 (最大23枚 最小21枚)
・スペルカード     平均14枚 (最大15枚 最小13枚)
・コマンドカード    平均14枚 (最大15枚 最小13枚)
1本先取なのでサイドボードなし

累計4回以上敗北したプレイヤーにはチャージする権限が発生する。

チャージとは
・4回以上敗北したプレイヤーは
ランブルファイト終了までに一度だけ行える。
対戦する合間に4回以上敗北した(している)プレイヤーは
1度だけくじを引いて、新たに10枚カードをランダムに得ても構わない(強制ではない)。
そしてその中の好きな枚数分デッキのカードと交換することができる。

各チャージ配分
・キャラクターカード 平均5枚 (最大6枚 最小4枚)
・スペルカード    平均3枚 (最大4枚 最小2枚)
・コマンドカード   平均3枚 (最大4枚 最小2枚)

・反則行為
・意図的なスカウティング行為
・対戦成績を知ってから対戦を申し込む行為
・同名カードをデッキに3枚以上所持する行為、またいかなる理由があっても3枚以上は所持してはならない


* 「VISIONイベント案内」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2010/01/27
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。