+

Phantom Magic VISION in 奈良と天王寺

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ VISION □

王様曰く、俺ルール!『勝ち抜き』

用意する物
VISIONデッキを互いに二つ以上用意する。

『勝ち抜き』

1.初めは通常通り対戦開始する。
2.勝敗が決まる。
 勝った方は手札、フィールド(装備、呪符、世界呪符は含めない)ノードをデッキに回収しシャッフル。
 冥界、除外されたカード、終了時フィールドにあった呪符、世界呪符、装備をゲーム外から取り除く
 これによって取り除かれたカードはあらゆる効果でも今後使用することはできない。
 勝った方のプレイヤーはライフポイント5点回復する、ただし終了時ライフポイントが25点以上だと回復しない。
 なお、回収してデッキ枚数が8枚以下だと次の勝負に挑めない為、引き分けとなる。
 相手プレイヤーのライフポイントを0にしたプレイヤーも次のデッキを用意しライフポイントは25点で挑む。
3.負けた側は次のデッキを用意し連戦に挑む、先攻権は負けた側にある。
 このルール引き分けの場合、ライフポイントが0になったプレイヤーが先攻
 両者のデッキが最後のデッキである対戦なら、次の対戦がないので勝敗が決してもデッキを回収しない。

 ・・・なんてことをしてたりします。
 このルール、デッキ次第では3連勝ぐらいまではできたりしますね、
 なにか、決定打を潰せたりすると負けても次が楽になったり


 このルールのポイント
 ・回収できない場合キーカードの乱発、スリーブノードを使ってコストを払うなどが厳しくなったりする。
 ・手札のカードも乱発できないため、いつもより穣子が活躍したりする。
 ・ハンデスに勝ち抜いてもハンデス独自の毒がある、『ハンデス毒』ともいう
 ・勝てると思うなら次戦用にカードをノードに潜ませておく手もある。
 ・相手が全快時、なんとか勝ち上がったデッキが小物速攻系で残り少ないデッキでも最後のワンパンチができるかも
 ・二の手、三の手があるデッキ、いいかもしれないけどとっちつかずだとなにもできずに・・・。
 ・必須カード等が偏っても、ばら撒きすぎてもだめ、まぁ基本セットとか3つ以上あれば有利になるんですが
 
 
 
 
 

* 「VISION」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2010/01/26
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。