+

Phantom Magic VISION in 奈良と天王寺

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ VISION □

カード対策

私の現環境に対して

相手がユニオン
素材は冥界、手札、場のカードから
ユニオンするには安定性 冥界>手札>>場といった具合だろうか
やはり素材を破棄、ただハンデスしてもユニオン対処したことにならないのが大きい、素材そのものに効果を持っているのに関わらず、ユニオンのためにわざわざ即座に黄泉の船でデッキから落とすことをする。
それだけ冥界というのが手軽な安全地帯となっている。
対処法としては月並みだが無縁塚や古の記憶、その他除外系などが上がる。
限られた枚数枠からユニオンを採用することでさらに残り採用枚数絞っている
(素材自体が本来不要のデッキもあるだろう)ので
ユニオンはきっとここぞと成功させたいキーカードであることが多い
当然無防備・無策で出すのはそれなりにリスクが伴う、阻止するカウンターや無縁塚を思念の看破などで弾かれる可能性が高い
しかも、ユニオン成功してもただの一キャラクターカードとしか働かない場合もある。

相手ユニオンのないデッキ
おそらく40:60ぐらいと思っている。ユニオン使用者は40%ぐらいか60%ぐらいかというところか
ユニオンなしデッキとあたるとまず無縁塚などの意義が薄れる、しかも小型速攻系だともっと薄れる。
それでも再利用の阻止はできる。

私 弐符紫スキマ
私がユニオン利用、対策に真っ先に思いついたもの(スキマ除去→2コスト払いユニオン再利用、ルール上たぶんできる)。
霊撃されないかぎりスペルブレイクは止まらない。
ユニオン失敗したふりしてユニオン再利用できる、素材を採用せずにユニオンカード使用ができる。
わざと除去し再利用ということも、

自他 あえて何も対策しない。
潔い、所詮は一カードとしか見ない。
カウンターなぞ入れない、カウンターカード・相手カードが使用するであろうカードの対抗策のカード枠を空けることで攻め手を稼ぐ
全く対策しないことで本来対策する枠の3~10枚分の採用枠は空くだろうので対策なしという手も攻め手に大きな影響を及ぼす。

相手 運命のダークサイドやハンデス
ユニオンデッキにとってはハンデスはいうほど痛手にならないかと思われる。
ユニオン本体が冥界逝き、除去がこない限りは
ダークサイドのマイナス補正は強化1KILLデッキにとって未だに天敵の存在である。
脅威でないデッキにとってはいつもどおり。

ライブラリーアウト
実はライブラリーアウト戻ろうかと思っていた。
高確率でユニオンデッキの手助けになりかねないので没にした。
ライブラリーアウト系も充実してきたので今ならかなり早く焼ける。

相手 ビートダウン
相手プレイヤーに使われると苦手なデッキのタイプ、私がどんなデッキで挑んでも何故か苦手。
単に私のカードの使い方だと思われる。

相手 物量
全人類の緋想天、採用するかどうかは?

自分 衣玖さん
本当に良くも悪くも、的なカード、逆手に取られる可能性もありそうなので
スペルブレイクとかできないのもな、諏訪大戦とかも、衣玖さん個人的には結構穴がある。
二重結界とか緋想の剣とはで固めるのもありかもしれないけど

亜種小町、ノード潰し
ノード焼きは実際上手くいかないものです、これが中盤以降まで引っ張れるとかなり強いけど
嫉視する夜叉が
地縛霊1Kill要員と警戒もしておく

コントロール
ただのコントロールだと永遠の3番手的存在かと、悪くはないんだけど
コントロールに+αが必要

結論、相手の冥界に注意、言えば相手自分問わず冥界のカードをよく確認するプレイヤーには警戒をということ
目的要素ははっきりしないしふりもできるけど、ユニオン素材のキャラクターを覚えておくとよい

破滅の呼び声には
シルバードラゴン、ニラトゥールもろもろなどセットカードが多いので
モピー、幻術チームマジおぬぬめ、グレイソーマタージの存在危機

* 「VISION」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2009/03/19
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback


+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。